所長挨拶

所長 中川 敦史

地球上全ての生物の生命活動は,DNARNAそして蛋白質などの生体高分子を中心とする数多くの分子の相互作用や化学反応によって営まれています.特に,遺伝子上に記録された情報に基づいて発現した蛋白質は生命活動を担う重要な分子です.

1958年に大阪大学の理学部と医学部が母体となって創設された蛋白質研究所は,設立当初から,化学,生物学,物理学,医学の研究者が集まり,蛋白質を核に学際的な研究を展開し,分子レベルから個体レベルで生命現象を理解していくことを目指した研究を続けるとともに,共同利用研究所としての活動を通して国内外の蛋白質科学研究をリードしてきました.

設立時には,蛋白質有機化学研究部門,蛋白質溶液学研究部門,蛋白質代謝部門の3つの部門(研究室)のみから構成されていた蛋白質研究所ですが,蛋白質科学,生命科学の進歩とともにより幅広い分野を研究対象として発展し,60年を経過した現在では,5研究部門15研究室(寄附研究部門を含む)と蛋白質解析に関する独創的な方法論の開発とその応用を行う附属蛋白質解析先端研究センター6研究室からなる組織に発展しています.

創設時から,全国から多くの研究者が来所され,研究所の施設・装置や研究のノウハウを共有して研究を行うことができる全国共同利用研究所として活動してきましたが,共同利用制度の改革により,20104月からは,蛋白質研究共同利用共同研究拠点に選ばれて,蛋白質研究のコミュニティーにより一層貢献できる体制を作り,さらに活発に活動を続けています.この活動では,共同研究員,国際共同研究,客員フェローといった研究活動を推進するための事業,研究者コミュニティーの形成や情報交換の場を提供する蛋白研セミナーの開催と支援,SPring-8の放射光ビームライン,超高磁場核磁気共鳴(NMR)装置群,最新鋭のクライオ電子顕微鏡などの大型装置の利用支援,蛋白質研究の基礎となる蛋白質構造データベースの構築と公開などが行われており,蛋白質科学を中心とする生命科学の研究拠点として活動を続けています.特に,データベース事業においては,蛋白質立体構造データバンク(PDB)の世界4拠点の一つとして PDBj を運営し,アジア・オセアニア地区のデータ登録や種々のサービスを行うとともに,PDBj-BMRB として生体系 NMR データバンクを米国 BMRB と共同で運営しています。また,放射光ビームラインでは,台湾国立放射光科学研究センターとの共同研究協定を通したアジア・オセアニアの構造生物学ネットワーク形成を進めるなど,国際共同研究制度と共に,様々な国際的な共同利用・共同研究活動を進めています.

蛋白質研究所の教員は,先端的な研究を進める一方で,それらの研究に裏打ちされた講義や実習を,大阪大学理学部と医学部,および大学院理学研究科,医学系研究科,生命機能研究科の学生に対して積極的に行っており,特に学部4年生と大学院生あわせて100名前後の学生が,蛋白質研究所で教育を受け,研究を行っています.さらに,50人程度の博士研究員が様々な研究プロジェクトに関与して,日夜研究を進めています.国内外から集まってきたこれらの若い学生や博士研究員は,蛋白研の活動を支える重要な人材であるとともに、今後の生命科学の中心となりうる人材として期待されています.

近年,生命科学は大きく発展してきていますが,生命現象を真に理解するためには,個々の分子の詳細な構造に基づき,それらのネットワークを理解して,様々な研究手法を統合することで,高次な生命機能をシステムとして解明し,機能デザインを可能とする新しい蛋白質科学を発展させていくことが求められています.教員,博士研究員,技術職員,事務職員,学生等あわせて約250名からなる蛋白質研究所は,研究室・分野・施設・国境の垣根を越えて,生命科学の礎となる新しい蛋白質科学を発展させ,国内外の次世代の研究者を育てていくことを目指しています.