Press Release:タンパク質の見えなかった部分を見る-遺伝子発現スイッチのオンオフ機構を活写する-

概要

決まった構造をとらず、常に形を変えていると考えられている天然変性領域と呼ばれるタンパク質領域に、いま世界的に注目が集まっています。その理由は、タンパク質機能を調節している領域の多くがこの「天然変性領域」であるからです。これまで、タンパク質は決まった構造をとって機能を発揮していると考えられてきましたが、「天然変性領域」はこのルールに明らかに反しているように見えます。では決まった構造をとらないにもかかわらず、なぜタンパク質の機能を制御できるのでしょうか。

立命館大学の笠原浩太助教、大阪大学蛋白質研究所の肥後順一特任教授(常勤)、中村春木教授、および横浜市立大学の椎名政昭助教、緒方一博教授らの研究グループは、タンパク質の天然変性領域の翻訳後修飾(リン酸化)によってタンパク質機能のON/OFFのスイッチが切り替わる機構について、コンピューターによる構造シミュレーションと生化学実験による機能・構造解析によって、原子レベルで明らかにしました。今回の研究の結果、天然変性領域は、実は自由に形を変えているのではなく、リン酸化の有無に応じて、限定された種類の構造(特異的構造)を変換することで、タンパク質の分子スイッチとして機能していることが明らかになりました。

 

詳しいご説明は  Press-Release_20180104NAR.pdf

 

論文はこちら

 

【本件に関する問い合わせ先】

●公立大学法人横浜市立大学
(研究内容に関するお問い合わせ)
学術院医学群 生化学 助教 椎名 政昭
TEL045-787-2590
E-mailmshiina[at]yokohama-cu.ac.jp

学術院医学群 生化学 教授 緒方 一博
TEL045-787-2590
E-mailogata[at]yokohama-cu.ac.jp

(プレスリリースに関するお問い合わせ、取材対応窓口、資料請求等)
研究企画・産学連携推進課長 渡邊 誠
TEL045-787-2510
E-mailkenki[at]yokohama-cu.ac.jp

●立命館大学
(研究内容に関するお問い合わせ)
生命科学部 生命情報学科 助教 笠原 浩太
TEL077-561-5021(生命科学部事務室)
E-mailktkshr[at]fc.ritsumei.ac.jp

(プレスリリースに関するお問い合わせ、取材対応窓口、資料請求等)
広報課長補佐 池田 真
TEL:075-813-8300

●国立大学法人大阪大学
(研究内容に関するお問い合わせ)
蛋白質研究所附属蛋白質解析先端研究センター 蛋白質情報科学研究室
特任教授(常勤) 肥後 順一
TEL06-6879-4311
E-mailhigo[at]protein.osaka-u.ac.jp

蛋白質研究所附属蛋白質解析先端研究センター 蛋白質情報科学研究室
 教授 中村 春木
TEL06-6879-4310
E-mailharukin[at]protein.osaka-u.ac.jp

※[at]を@に変えてください。