Press Release: 新しいデザインの小型抗体フォーマットを開発 ―創薬ターゲット蛋白質の結晶構造解析の促進に期待―

概要
大阪大学蛋白質研究所の有森貴夫助教、高木淳一教授らの研究グループは、全く新しいデザインのフラグメント抗体のフォーマットを開発しました。

近年、バイオ医薬品として注目されている抗体分子は、研究用のツールとしても様々な分野で応用されています。その際、全長の抗体をそのまま使うだけでなく、用途によっては断片化して小さくした抗体(フラグメント抗体)が利用されることもあります。フラグメント抗体はいろいろなデザインのものが開発されていますが、従来のフラグメント抗体はいずれも生産性や安定性などに問題を抱えており、万能と呼べるフラグメント抗体のフォーマットはこれまで存在しませんでした。
今回、高木淳一教授らの研究グループは、全く新しいフラグメント抗体のフォーマットを開発し、これを“Fv-clasp”と名付けました。様々な生化学的な実験の結果、Fv-claspは従来のフラグメント抗体が持つほとんどの欠点を克服した優れた性質を有していることがわかりました。特に、Fv-claspは非常に結晶になりやすい性質を有しているため、創薬ターゲット蛋白質など医学的・生物学的に重要な蛋白質のX線結晶構造解析への応用において有用であると期待されます。
本研究成果は、米国科学誌「Structure」に、9月15日(金)午前1時(日本時間)に公開されます。

【研究成果のポイント】
・既存のフラグメント抗体の欠点を克服した小型フラグメント抗体フォーマットを開発した
・抗体は医療や研究の様々な分野でツールとして利用されており、抗体を小型化したフラグメント抗体も様々なデザインのものが開発されているが、いずれも生産性、安定性などに問題を抱えていた
・本研究で開発したフラグメント抗体は万能性に優れ、特に抗体を利用したX線結晶構造解析への応用が期待される

 

詳しいご説明は  Press-Release-0915.pdf

 

 

【本件に関する問合せ先】
大阪大学蛋白質研究所
教授 高木淳一(たかぎじゅんいち)
TEL:06-6879-8607
FAX:06-6879-8609
E-mail: takagi[at]protein.osaka-u.ac.jp