Press Release: 眼の光センサー細胞におけるエピジェネティックな遺伝子発現機構を解明ー網膜の視細胞のアイデンティティーを作り出す仕組みを発見 ―

概要
大阪大学蛋白質研究所の大森義裕准教授、久保竣(大学院生)及び古川貴久教授の研究チームは、名古屋大学、理化学研究所との共同研究で、眼の網膜にある光センサー細胞(網膜視細胞)におけるエピジェネティックな制御の仕組みを解明し、神経発生における重要性を明らかにしました。


脳や網膜の神経細胞の終末分化がエピジェネティックに制御されているかどうかは、これまであまりよく分かっていませんでした。そこで、大森准教授らの研究グループは、桿体(かんたい)視細胞に発現するSamd7(サムディーセブン)という蛋白質が、その構造からエピジェネティックな制御に関わっている可能性があると注目しました。Samd7 のノックアウトマウスを作製し解析したところ、Samd7ノックアウトマウスの眼の網膜では、本来、桿体視細胞ではまったく発現しない青色オプシンが強く発現しており、逆に、もとから桿体視細胞にある桿体オプシンの量が半減していることがわかりました(図 1)。
神経細胞のアイデンティティー形成にエピジェネティック 制御が重要であることがノックアウトマウスを用いた研究で明らかとなりました。この成果は、網膜視細胞や神経細胞のアイデンティティー形成の仕組みを理解する上で大きな前進となるものです。

本研究成果は、2017 年 9月 12 日(火)午前4時(日本時間)に科学誌「米国アカ デミー紀要 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of  America(PNAS )」に公開されます。

 

【研究成果のポイント】

♦網膜の視細胞のアイデンティティーがエピジェネティックに制御されていることを発見 。
♦脳や網膜の神経細胞の終末分化がエピジェネティックに制御されているかどうかは、これまであまりよく分って いなかった。
♦夜盲などの網膜の機能低下のメカニズム解明や網膜再生医療研究の基盤となる成果 。

 

詳しいご説明は   Press-Release_0912.pdf

 

 

【本件に関する問合せ先】

大阪大学蛋白質研究所 分子発生学
准教授 大森 義裕(おおもり よしひろ)

TEL: 06-6879-8632   FAX: 06-6879-8633
E-mail: yoshihiro.omori[at]protein.osaka-u.ac.jp
URL: http://www.protein.osaka-u.ac.jp/furukawa_lab/index.html