論文掲載:ラミニンE8フラグメントを用いたヒト骨格筋サテライト細胞の細胞未分化維持培養法の確立〜筋疾患への細胞治療、創薬展開を見据えて〜

東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 分子生命情報解析学分野の赤澤智宏教授、大阪大学 蛋白質研究所の関口清俊教授らの研究グループは、ヒト骨格筋の内在性幹細胞であるサテライト細胞の未分化維持培養法を開発し、その成果を国際幹細胞学会誌 Stem Cell Reports オンライン版に発表しました。 

【論文情報】

著者:Kana Ishii, Hidetoshi Sakurai, Nobuharu Suzuki, Yo Mabuchi, Ichiro Sekiya, Kiyotoshi Sekiguchi, Chihiro Akazawa
題名:Recapitulation of Extracellular LAMININ Environment Maintains Stemness of Satellite Cells in Vitro.
雑誌名:Stem Cell Reports

論文はこちら

 

詳しいご説明は publication180112.pdf

 

 

【問い合わせ先】

(研究に関する問い合わせ先)
東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科
分子生命情報解析学分野 赤澤智宏(あかざわ ちひろ)
E-mailc.akazawa.bb[at]tmd.ac.jp

大阪大学 蛋白質研究所
マトリクソーム科学(ニッピ)寄附研究部門
関口清俊(せきぐち きよとし)
E-mailsekiguch[at]protein.osaka-u.ac.jp