Press Release:生命現象を支える化学反応の真の姿を解明!ー地球の窒素循環を担う酵素の制御がSACLAとSPring-8の技術で可能に

    大阪大学工学研究科、高輝度光科学研究センターXFEL利用研究推進室、理化学研究所放射光科学総合研究センターによる国際合同研究チームは、X線自由電子レーザー(XFEL)施設SACLAを利用して、銅含有亜硝酸還元酵素の完全酸化型の立体構造を、銅原子の異常散乱効果を用いて世界で初めて決定し、プロトン共役電子移動の飯能紀行を解明することに成功しました。これまで、金属蛋白質の真の酸化型構造を知ることは、長い間、不可能とされてきました。本研究では、SACLAの実験技術の改良を進め、さらに、SACLAと大型放射光施設SPring-8の技術を融合することで、新しい酵素反応機構を明らかにしました。本研究成果により明らかとなった新しい生命化学反応プロセスの理解は、物質科学と生命科学と地球科学の分野をつなぐ架け橋となる発見であり、地球の窒素循環の制御につながる分野への応用展開を支える基盤となります。

 

詳しいご説明は  阪大プレスリリース