受賞

受賞:栗栖 源嗣教授-第37回(2019年度)大阪科学賞

栗栖源嗣教授(蛋白質結晶学研究室)が第37回(2019年度)大阪科学賞を受賞しました。

業績名:「生体エネルギー変換に関わる生体超分子複合体の構造研究」

なお、11月13日(水)には、表彰式および受賞者による記念講演が行われます。

 

大阪府報道発表:

http://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=35845

大阪市報道発表:

https://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/keizaisenryaku/0000481377.html

表彰式・記念講演詳細はこちら

岡田眞里子教授(細胞システム研究室)が平成30年度科学技術分野の文部科学大臣表彰を受賞しました

業績名「実験と数理モデルの融合による細胞メカニズムの研究」

内容:シグナル伝達研究を、従来の実験的アプローチのみに依存した研究から、実験と数理・計算研究が融合した異分野融合研究に大きく変貌させました。
このことにより、細胞シミュレーションを通して、遺伝子変化や薬剤応答の予測を可能にしました。

 

文部科学省報道発表:

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/30/04/1403097.htm

受賞者一覧:

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/30/04/__icsFiles/afieldfile/2018/04/10/1403097_1.pdf

阪大HP:

http://www.osaka-u.ac.jp/ja/news/topics/2018/04/20180412_01

 

岡田教授の研究内容はこちら