受賞

古郡麻子准教授-2020年度日本遺伝学会奨励賞受賞

古郡麻子准教授(ゲノム-染色体機能研究室)が2020年度日本遺伝学会奨励賞を受賞しました。

業績名:
「ゲノム安定維持に関わる酵素複合体の構造と機能に関する研究」
「Studies of enzyme complexes working for genome maintenance」

日本遺伝学会のHPはこちら

中村春木名誉教授・栗栖源嗣教授-令和2年度「科学技術分野の文部科学大臣表彰」受賞

文部科学省では、科学技術に関する研究開発、理解増進等において顕著な成果を収めた者を「科学技術分野の文部科学大臣表彰」として顕彰しており、次のとおり各賞を授賞しています。
○科学技術賞(開発部門、研究部門、科学技術振興部門、技術部門、理解増進部門)
○若手科学者賞
○創意工夫功労者賞
○研究支援賞

この度、令和2年度の同表彰を蛋白質研究所から以下2名が受賞しました。

・科学技術賞(科学技術振興部門)

中村春木 大阪大学・名誉教授
栗栖源嗣 蛋白質研究所・教授

業績名「国際的蛋白質構造データバンク構築への貢献と統合利用の振興」

 

 

 

 

 

 

文部科学省報道発表:https://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/mext_00187.html

受賞者一覧:https://www.mext.go.jp/content/20200402-mxt_sinkou02-00187_001.pdf

阪大HP:https://www.osaka-u.ac.jp/ja/news/topics/2020/04/0701

 

栗栖 源嗣教授-第37回(2019年度)大阪科学賞受賞

栗栖源嗣教授(蛋白質結晶学研究室)が第37回(2019年度)大阪科学賞を受賞しました。

業績名:「生体エネルギー変換に関わる生体超分子複合体の構造研究」

表彰式および受賞者による記念講演が行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

岡田眞里子教授(細胞システム研究室)が平成30年度科学技術分野の文部科学大臣表彰を受賞しました

業績名「実験と数理モデルの融合による細胞メカニズムの研究」

内容:シグナル伝達研究を、従来の実験的アプローチのみに依存した研究から、実験と数理・計算研究が融合した異分野融合研究に大きく変貌させました。
このことにより、細胞シミュレーションを通して、遺伝子変化や薬剤応答の予測を可能にしました。

 

文部科学省報道発表:

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/30/04/1403097.htm

受賞者一覧:

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/30/04/__icsFiles/afieldfile/2018/04/10/1403097_1.pdf

阪大HP:

http://www.osaka-u.ac.jp/ja/news/topics/2018/04/20180412_01

 

岡田教授の研究内容はこちら