発表論文

Ragulatorの結晶構造を解明(Nat. Commun. 誌に発表)

大阪大学蛋白質研究所の米原涼特任研究員らは、大阪大学蛋白質研究所中川研究室、大阪大学微生物病研究所岡田研究室、九州大学生体防御医学研究所中山研究室、大阪大学微生物病研究所Standley研究室との共同研究により、Ragulatorの結晶構造を解明しました。

Press Release: 凝集化するタンパク質1分子の励起運動を初観察!―アルツハイマー病などの新治療戦略へ期待―

発表概要:
東京大学大学院新領域創成科学研究科(産業技術総合研究所-東京大学 先端オペランド計測技術オープンイノベーションラボラトリ兼務)の佐々木裕次教授、大阪大学蛋白質研究所の後藤祐児教授、神戸大学及び(公財)高輝度光科学センターの研究グループは、X線1分子追跡法(Diffracted X-ray Tracking; DXT)応用し、過飽和溶液中のタンパク質分子(リゾチーム)の凝集化プロセスにおいて、タンパク質分子内部及びその周辺が激しく運動していることを観測しました。この結果を詳細に解析したところ、この激しい運動は、フェムトニュートンという非常に微弱な力場を形成していることが分かりました。これは、激しいブラウン運動を伴う分子凝集体(ネットワーク)の形成と崩壊が繰り返されていることを示しています。これらの研究成果により、アルツハイマー病などの発症プロセスと強く関わるタンパク質凝集プロセスを1分子観察できるようになったので、将来的に過飽和現象を利用した全く新しい治療戦略を展開する可能性が出てきました。

本研究成果は、ネイチャー・パブリッシング・グループ(Nature Publishing Group)電子ジャーナル「Scientific Reports」のオンライン速報版で11月1日に公開されます。

 

詳しいご説明は       Press-Release1101.pdf

 

 

【本件に関する問い合わせ先】

<東京大学>
東京大学大学院新領域創成科学研究科物質系専攻
教授 佐々木 裕次(ささき ゆうじ)
〒277-8561 千葉県柏市柏の葉5-1-5 新領域基盤棟609(7A2号室)
Tel:04-7136-3856(携帯:080-3137-2290)
E-mail:ycsasaki@edu.k.u-tokyo.ac.jp

 

<大阪大学>
大阪大学産学共創本部イノベーション共創部門
助教 西嶋 政樹(にしじま まさき)
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-8 テクノアライアンス棟A201
Tel:06-6879-4875
E-mail:nishijima@uic.osaka-u.ac.jp

 

<神戸大学>
神戸大学工学研究科 応用化学専攻
特命准教授 濵田 大三(はまだ だいぞう)
〒650-0047 神戸市中央区港島南町7丁目1-48 統合研究拠点 505号室
電話:078-599-6756
E-mail:daizo@landscape.kobe-u.ac.jp

 

<SPring-8 / SACLA>
公益財団法人高輝度光科学研究センター 利用推進部 普及情報課
Tel:0791-58-2785  Fax:0791-58-2786
E-mail:kouhou@spring8.or.jp

 

<AMED>

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)
基盤研究事業部 研究企画課
Tel:03-6870-2224 FAX:03-6870-2243
E-mail:kenkyuk-ask@amed.go.jp

Press Release: 眼の光センサー細胞におけるエピジェネティックな遺伝子発現機構を解明ー網膜の視細胞のアイデンティティーを作り出す仕組みを発見 ―

概要
大阪大学蛋白質研究所の大森義裕准教授、久保竣(大学院生)及び古川貴久教授の研究チームは、名古屋大学、理化学研究所との共同研究で、眼の網膜にある光センサー細胞(網膜視細胞)におけるエピジェネティックな制御の仕組みを解明し、神経発生における重要性を明らかにしました。

Press Release: SACLA の得意とするX 線波⻑でタンパク質微結晶の新規構造解析に成功

中津亨 京都⼤学⼤学院薬学研究科准教授、⼭下恵太郎 理化学研究所基礎科学特別研究員、岩⽥想 理化学研究所グループディレクター、中根崇智 東京⼤学⼤学院理学系研究科特任助教、溝端栄⼀ ⼤阪⼤学⼤学院⼯学研究科講師、登野健介 ⾼輝度光科学研究センターチームリーダー、湯本史明 ⾼エネルギー加速器研究機構特任准教授による合同研究チームは、SACLA1の⾮常に強⼒な⾼エネルギー(短波⻑) X 線を⽤い、常温においてセレノメチオニンを導⼊したACG とStem という⼆種類のタンパク質のμm サイズの結晶から構造を決定することに成功しました。

Press Release: 統合失調症に関連する遺伝子変異を22q11.2 欠失領域の RTN4R 遺伝子に世界で初めて同定

名古屋大学大学院医学系研究科(研究科長・門松健治)精神医学講座の尾崎紀夫(おざき の りお)教授、AleksicBranko(アレクシッチ ブランコ)准教授(責任著者)、木村大樹(きむ ら ひろき)助教(筆頭著者)らの研究グループは、大阪大学大学院医学系研究科/生命機能研究科の山下俊英(やました としひで)教授、同蛋白質研究所の川端猛(かわばた たけし)寄附研究部門准教授および中村 春木(なかむら はるき))教授らの研究グループとの共同により、統合失調症発症の最大のリスクである22q11.2欠失領 域に存在する Reticulon 4 receptor (RTN4R)遺伝子内に、統合失調症病態に強い関連を示すア ミノ酸配列変異(RTN4R-R292H)が存在することを、世界で初めて同定しました。

Press Release: 世界初 ミクログリア特異的分子CX3CR1 の遺伝子変異と 精神障害の関連を同定

名古屋大学大学院医学系研究科(研究科長・門松健治)精神医学・親と子どもの心療学の尾崎紀夫(おざき のりお)教授、Aleksic Branko(アレクシッチ ブランコ)准教授(責任著者)、石塚佳奈子(いしづか かなこ)助教(筆頭著者)、大阪大学大学院医学系研究科/生命機能研究科の山下俊英(やました としひで)教授、同蛋白質研究所の川端猛(かわばたたけし)寄附研究部門准教授と中村春木(なかむら はるき)教授らの研究グループは、脳内免疫細胞ミクログリアにおいて特異的に発現するCX3CR1 をコードする遺伝子上のアミノ酸置換変異が統合失調症・自閉スペクトラム症の発症リスクに関与しうることを世界で初めて示しました。

 

本研究所の特任助教Gert-Jan Bekker 博士らによる論文がJournal of Chemical Theory and Computation に掲載され、図が2017年7月号の表紙に採用

本研究所の特任助教Gert-Jan Bekker 博士らによる論文”Accurate Prediction of Complex Structure and Affinity for a Flexible Protein Receptor and its Inhibitor(http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/acs.jctc.6b01127, DOI: 10.1021/acs.jctc.6b01127) がJournal of Chemical Theory and Computation (JCTC, IF=5.301) に掲載され、図が2017年7月号の表紙に採用されました。
(http://pubs.acs.org/toc/jctcce/13/7 )

 

Figure.jpg