最新トピックス

【開催報告】サイエンスアゴラ2017 (11月24~26日, 東京お台場) に出展しました

快晴の3日間、東京お台場にて開催されたサイエンスアゴラに出展致しました。たくさんの来訪者に、蛋白研の教員も熱心に蛋白質構造や研究の紹介を行いました。今年は新たにVR (Virtual Reality)メガネを使って蛋白質構造を視る企画が好評を博しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

企画提供者:大阪大学蛋白質研究所、日本蛋白質構造データバンク(PDBj)、広島市立大学大学院情報科学研究科医用情報科学専攻、立命館大学生命科学部生命情報科学科、関西学院大学理工学部生命医化学科バイオインフォマティクス・ゲノム情報医化学

 

 

 

**********************************

蛋白研はPDBj、立命館大学、広島市立大学、関西学院大学とともに、”生命をささえるタンパク質の「かたち」”をテーマに、JST主催一般向け科学イベント「サイエンスアゴラ2017」に出展します。

 

サイエンスアゴラ2017

日時:
  • 2017年11月24日 (金) (13:30〜18:00)
  • 2017年11月25(土)- 26日(日)(10:00〜16:00)
会場:
テレコムセンタービル(東京お台場)
5F Dエリア(分野の壁を越えて新たな知を創造する) 65

生命をささえるタンパク質の「かたち」

「見る」「さわる」「つくる」といったさまざまな体験を通じてタンパク質の「かたち」の多様性と重要性を実感していただけるような企画を提供し、生体分子への理解を深めてもらうことを目指しています。
具体的には下記内容の出展を行います。

  1. 実際にPDBjのデータベースへアクセスして様々なタンパク質分子をCGなどで立体視する「見る」
  2. 3Dプリンタでつくった分子モデルを「さわる」
  3. ペーパークラフトで分子模型を「つくる」

また、これらの「かたち」を明らかにするための技術として、大型放射光施設や今年のノーベル賞の受賞理由となった高性能電子顕微鏡をわかりやすく紹介します。

国内の生命科学基盤データベースを運営する機関が連携し、 データベース統合化を目指したJBI (Japan alliance for Bioscience Information) と 称するWeb ページを開設いたしました

大阪大学蛋白質研究所 日本蛋白質構造データバンクProtein Data Bank Japan(PDBj) は、情報・システム研究機構 国立遺伝学研究所 DNA Data Bank of Japan(DDBJ)、科学技術振興機構 バイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)、 情報・システム研究機構 データサイエンス共同利用基盤施設 ライフサイエンス統合データベースセンター(DBCLS)と共同で、研究者に役立つサービス・情報のワンストップサービスを目指して、生命科学データベースポータルサイトJBI (Japan alliance for Bioscience Information)ポータル(http://jbioinfo.jp/)を開設致しました。

詳細はこちらをご覧ください。

平成29年度いちょう祭に参加します

いちょう祭は、大阪大学の創立記念日(5月1日)を祝し、全学をあげて新入生を歓迎するとともに、教職員・学生の親睦及び地域との連携を図ることを目的に毎年開催しています。今年も、教職員・学生のほか、高校生、地域の皆さまをはじめ学外の方に本学の教育・研究の内容を知っていただくため、4/30, 5/1の2日間開催されます。

大阪大学いちょう祭

プログラム

蛋白質研究所は次のようなテーマを掲げ、研究所の紹介を行います。

『生命の基本物質「蛋白質」を知る』
蛋白質研究所では生命の基本物質である「蛋白質」を研究しています。生命活動における蛋白質の働きや、最新の蛋白質解析技術についての理解を深めるため、公開学習・施設公開を行います。ぜひ遊びにいらしてください。

 

●日時:4月30日(日)13時~16時30分

●テーマ・開催場所:

・折り紙でウイルスをつくる             研究所本館1階講堂
・細胞のシミュレーションとチップ詰め選手権     研究所本館1階講堂
・ダイヤモンドのイルミネーションで生物を光らせよう 研究所本館1階講堂
・タンデム質量分析装置によるプロテオミクスの紹介  研究所本館1階・高尾研究室
蛋白質立体構造データベースの紹介         研究所本館1階セミナー室(プログラム記載の場所から変更)
・X線結晶解析装置の紹介              構造解析研究棟
・生物電子顕微鏡の紹介               共同研究拠点棟
・950メガヘルツ核磁気共鳴装置の紹介         NMR実験棟

高度副プログラム『蛋白質解析先端研究プログラム』ガイダンスを開催します

蛋白質研究所では、博士課程の大学院生を対象に、大学院高度副プログラム「蛋白質解析先端研究プログラム」を開講いたします。

 

本プログラムでは,阪大が得意とする構造生物学分野で,大型特殊装置(SPring-8阪大蛋白研ビームライン,超高磁場NMR装置,クライオ電子顕微鏡)や国際的データベース(Protein Data BankThe Cambridge Structural Database)を利用した先端研究に触れ,高度な専門性と幅広い見識を身につけたい人を歓迎します.全てのプログラムを学び終えた時には,論理的思考力をもって問題解決にあたることの出来る人材に成長することを期待します.大型特殊装置の開発担当者(学外連携機関:理化学研究所,株式会社リガク)からの外部講師による講義も準備しています.プログラム中で興味のある講義だけの履修も歓迎しますので,積極的に応募してください.

 

以下の通りガイダンスを行いますので、ご興味のある方はご参加ください。

◆副専攻/高度副プログラム 合同ガイダンス2017

411日(火)11301330

産学連携本部C棟3階 e-square さいえんす工房(吹田)

 414日(金)11301330

基礎工学国際棟1階 セミナー室(豊中)

詳細はこちら

 

本プログラムに関する詳細はこちら Lectures-1.pdf

ポスターはこちら Poster-1.pdf

 

 

◆履修登録について

プログラム申請 KOAN URL : https://koan.osaka-u.ac.jp/ KOAN 「副専攻・高度副プログラム」から受講ガイダンスシステムで登録

申請受付期間 : 201743日(月)~428日(金)

『蛋白質解析先端研究プログラム』

 

質問等は,蛋白質研究所・庶務係まで

電話番号:06-6879-4317

e-mail: tanpakuken-kyomu@ml.office.osaka-u.ac.jp

《開催報告》 サイエンスアゴラ2016に出展しました!

蛋白研はPDBj、立命館大学、広島市立大学とともに、”生命をささえるタンパク質の「かたち」”をテーマに、JST主催一般向け科学イベント「サイエンスアゴラ2016」に出展しました。

 

《サイエンスアゴラ2016》

  • 日時:2016年11月3日(木・祝)〜6日(日)
  • 会場:日本科学未来館1階A会場
  • 出展タイトル:生命をささえるタンパク質の「かたち」
  • 主な出展内容
    1. 実際にPDBjのデータベースへアクセスして様々なタンパク質分子をCGで立体視する
    2. 3Dプリンタでつくった分子モデルを「さわる」
    3. ペーパークラフトで分子模型を「つくる」
    4. タンパク質の実物を使って光る絵をかいてみる

 

Check it out!  ➡ YouTube

sa2016_3sa2016_1 sa2016_2

 

 

 

 

 

 
 

 

 

企画提供者:大阪大学蛋白質研究所、日本蛋白質構造データバンク(PDBj)、広島市立大学大学院情報科学研究科医用情報科学専攻、立命館大学生命科学部生命情報科学科

【H28年4月12日(火)】 大阪大学蛋白質研究所「クライオ電子顕微鏡」設置記念式典のご案内

このたび、本研究所が実施機関として参画している日本医療研究開発機構創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業(創薬等支援技術プラットフォーム事業)のうち、「電顕イメージングを主軸とした相関解析技術の開発と応用」課題において、産学の創薬研究を飛躍的に加速させる支援と高度化を行うために、最新の電子直接検出カメラ(DED)を搭載した「クライオ電子顕微鏡」を新たに導入いたしました。つきましては、下記の通り記念式典を催したいと存じますので、謹んで御案内申し上げます。

蛋白質研究教育支援事業について

蛋白質研究所では、教育研究活動のさらなる充実を図るため、今般、「蛋白質研究教育支援事業」基金を、大阪大学未来基金に立ち上げました。

handai_miraikikin