最新トピックス

2015年 1月 5日
ソウル大学校 薬学大学との部局間学術交流協定が締結されました。
2014年12月 1日
オーストラリア国立大学 自然科学・数理学部との部局間学術交流協定が締結されました。
2014年10月31日
60名の沖縄の高校生が大学見学のため蛋白研を訪問しました。
2014年10月27日
Centre National de la Recherche Scientifique (CNRS, France)によるInternational Research Network on Integrative Plant Biology (GDRI-IPB)へ蛋白研が加わりました。
2014年 9月22日
北京大学・蛋白質科学センターとの部局間学術交流協定が締結されました。
2014年 9月 1日
上海国立蛋白質科学センターとの部局間学術交流協定が締結されました。
2014年 8月 1日
アイルランガ大学・熱帯病研究所(インドネシア)との部局間学術交流協定が締結されました。
2014年 5月14日
~PDBのエントリー数が10万件を突破しました~
2014年 3月24日
平成25年度第5回蛋白研コロキウム
2013年11月20日
「改正労働契約法」の見直しを求める声明について
2013年11月13日
平成25年度第3回蛋白研コロキウム 
解説:-2013年度ノーベル賞 医学・生理学賞-  "細胞小器官の小胞がタンパク質などを輸送する仕組み" :三間穣治独立准教授(膜蛋白質化学研究室)

平成25年11月21日(木)12:00-13:00
2013年 7月31日
蛋白質研究共同利用・共同研究拠点
2013年 6月21日
平成25年度第2回蛋白研コロキウム:"Personal research experiences about (1) Direct Involvement of Tumor Suppressor p53 in Nucleotide Excision Repair, and (2) Role of PCNA in Base Excision Repair" 
(Yin-Chang Liu, National Tsing-Hua University)
平成25年6月26日12:00-13:00 [PDF]
2013年 6月18日
平成25年度第1回蛋白研コロキウム
平成25年6月21日(金)15:30~17:00
「Structure Based Drug Design 概論、セリンプロテーゼを具体例として」
上村みどり博士(帝人ファーマ株式会社、蛋白質研究所客員教授) [PDF]
2013年 5月13日
蛋白研で学びたい学生諸君へ 
1 | 2 | 3

▲ページ先頭へ戻る