高次脳機能学研究室

メンバー

教授 疋田 貴俊

連絡先

電話番号 06-6879-8621
ファックス番号 06-6879-8623
メールアドレス
URL https://sites.google.com/site/takatoshihikidalaboratory/home

研究概要

私たちの研究室では、独自に開発した神経回路活動制御法や特定神経回路の神経活動の可視化により、認知学習行動や意思決定行動といった高次脳機能の神経基盤の解明に取り組んでいます。また、精神神経疾患モデルマウスを用いて、精神神経疾患の分子病態の解析を行っています。特に精神疾患発症に関わる遺伝環境相互作用の分子機構の解明に取り組んでいます。臨床部門や製薬企業との連携により、精神疾患の創薬を目指すトランスレーショナルリサーチをすすめていきます。

 

. マウスの認知学習課題

研究課題

1.    高次脳機能の神経回路機構の解析
2.    精神神経疾患の分子病態の解析
3.    精神疾患のトランスレーショナルリサーチ

 

発表論文

1.    Dopamine D2L receptor is required for visual discrimination and reversal learning. Morita et al. (2016) Mol. Neuropsychiatry, 2: 124-132.

2.    Nucleus accumbens dopamine D2-receptor expressing neurons control behavioral flexibility in a place discrimination task in the IntelliCage. Macpherson et al. (2016) Learn. Mem., 23: 359-364.

3.    Distinct roles of segregated transmission of the septo-habenular pathway in anxiety and fear. Yamaguchi et al. (2013) Neuron, 78: 537-544.

4.    Pathway-specific modulation of nucleus accumbens in reward and aversive behavior via selective transmitter receptors. Hikida et al. (2013) Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A., 110: 342-347.

5.    Distinct roles of synaptic transmission in direct and indirect striatal pathways to reward and aversive behavior. Hikida et al. (2010) Neuron, 66: 896-907.

6.    Dominant-negative DISC1 transgenic mice display schizophrenia-associated phenotypes detected by measures translatable to humans. Hikida et al. (2007) Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A., 104: 14501-14506.