計算生物学研究室

メンバー

教授 水口 賢司
准教授 橋本 浩介
助教 長尾 知生子

連絡先

電話番号 06-6105-6961
ファックス番号 06-6105-6962
メールアドレス
URL https://mizuguchilab.org/ja/

研究概要

計算科学的手法を用いて、疾患や生命現象の解明と創薬などへの応用を目指した研究を行なっています。コンピュータ解析に適した形に整理されたデータをどれだけ利用できるかが、人工知能開発の成否に大きな影響を与えるとの認識から、遺伝子、タンパク質を中心とする分子レベルのデータや疾患、化合物などに至る幅広いデータの統合、データベース開発に力を入れています。また、タンパク質の構造、機能、相互作用などを予測する手法の開発と、具体的なデータ解析への応用も推進しています。

研究課題

  1. 分子と高次の生命現象を繋げるためのデータ統合
  2. 蛋白質を介する相互作用の理解・予測と生体反応のモデル化

発表論文

  1. Chen Y-A, Tripathi LP, Fujiwara T, Kameyama T, Itoh MN, Mizuguchi K. The TargetMine data warehouse: enhancement and updates. Front Genet (in press) https://doi.org/10.3389/fgene.2019.00934
  2. Esaki T, Watanabe R, Kawashima H, Ohashi R, Natsume‐Kitatani Y, Nagao C, Mizuguchi K. Data Curation can Improve the Prediction Accuracy of Metabolic Intrinsic Clearance. Mol Inform 38: 1800086 (2019).
  3. Murakami Y, Tripathi LP, Prathipati P, Mizuguchi K. Network analysis and in silico prediction of protein-protein interactions with applications in drug discovery. Curr Opin Struct Biol 44:134-142 (2017).
  4. Tsuchiya Y, Jounai N, Takeshita F, Ishii KJ, Mizuguchi K. Ligand-induced Ordering of the C-terminal Tail Primes STING for Phosphorylation by TBK1. EBioMedicine 9:87-96 (2016).