感染病態システム研究室

メンバー

特任教授 今井 由美子
教 授 岡田 眞里子(兼)

連絡先

電話番号
ファックス番号
メールアドレス
URL http://www.nibiohn.go.jp/activities/regulation-intractable-infectious-diseases.html

研究概要

当研究室ではウイルス感染に対する宿主の応答、病態の形成をシステムとして理解することを目指しています。とりわけ、ウイルス感染に伴った宿主核内システムの応答、致死的重症病態の形成メカニズムに焦点を当てた研究を進めています。近年のゲノム解析技術、質量分析技術、情報解析技術などの進歩を背景に、感染症・免疫研究分野においても多階層の膨大な定量生命科学データを取得することが可能となってきました。当研究室では、国内外の研究グループと連携して、宿主エピゲノムプロファイリング、mRNA翻訳プロファイリング、感染メタボローム解析、感染一細胞トランスクリプトーム解析、ヒトマイクロバイオーム解析などの定量生命科学データを統合的に解釈して、ウイルス感染症の分子病態や重症化に関わるネットワークを解明し、マウスモデルでのゲノム合成やゲノム編集技術を応用して、これに基づいた創薬、診断法、先制医療の確立を目指した研究を行っています。

研究課題

1) ウイルス感染に対する染色体高次構造変化のダイナミクスと病原性発現機構の解明
2) ウイルス感染に対する宿主ならびにウイルスmRNA翻訳機構の解明
3) 感染病態形成における免疫・神経臓器間相互作用の解明
4) ウイルス感染の重症病態の形成を司る動的ネットワークの予測と先制治療への応用

発表論文

  1. Fujiwara S, Hoshizaki M, Ichda Y, et al. Pulmonary phagocyte-derived NPY controls the pathology of severe influenza virus infection. Nature Microbiology. 2018 Nov19
  2. Yamaguchi T, Suzuki T, Sato T,et al. The CCR4-NOT deadenylase  complex controls Atg7-dependent cell death and heart function. Sci Signal. 2018 Feb 6;11(516).
  3. Blank T, Detje CN, Spieß A, et al. Prinz M. Brain Endothelial- and Epithelial-Specific Interferon Receptor Chain 1 Drives Virus-Induced Sickness Behavior and Cognitive Impairment. Immunity. 2016 Apr 19;44(4):901-12.
  4. Katahira J, Dimitrova L, Imai Y, et al. NTF2-like domain of Tap plays a critical role in cargo mRNA recognition and export. Nucleic Acids Res. 2015 Feb 18;43(3):1894-904.
  5. Morita M, Kuba K, Ichikawa A, et al. The lipid mediator protectin D1 inhibits influenza virus replication and improves severe influenza. Cell. 2013 Mar 28;153(1):112-25.
  6. Ichikawa A, Kuba K, Morita M, et al. CXCL10-CXCR3 enhances the development of neutrophil-mediated fulminant lung injury of viral and nonviral origin. Am J Respir Crit Care Med. 2013 Jan 1;187(1):65-77.
  7. Neely G, Kuba K, Cammarato A, et al. A global in vivo Drosophila RNAi screen identifies NOT3 as a conserved regulator of heart function. Cell. 2010, 141(1):142-153.
  8. Imai Y, Kuba K, Neely GG, et al. Identification of oxidative stress and toll like receptor 4 signaling as a key pathway of acute lung injury. Cell. 2008, 18;133(2):235-49.
  9. Imai Y, Kuba K, Rao S, et al. Angiotensin-converting enzyme 2 protects from severe acute lung failure. Nature. 2005 Jul 7;436(7047):112-6.
  10. Kuba K, Imai Y, Rao S, et al. A crucial role of angiotensin converting enzyme 2 (ACE2) in SARS coronavirus-induced lung injury. Nat Med. 2005 Aug;11(8):875-9.