蛋白質ナノ科学研究室

メンバー

教授 原田 慶恵

連絡先

電話番号 06-6879-8627
ファックス番号 06-6879-8629
メールアドレス
URL http://www.protein.osaka-u.ac.jp/nanobiology/

研究概要

私たちの体の中で機能している生体分子の大きさはおよそ数nmから数百nmです。この大きさはちょうどミクロとマクロの接点“メゾ”領域です。生体分子の住む世界と私たちの住む世界の決定的な違いは、熱ゆらぎを無視できないという点です。

生体分子は常に大きな熱ゆらぎにさらされています。そのため、生体分子は人工機械とは異なり、熱ゆらぎを巧みに利用しながら機能していると考えられます。たとえば、RNAポリメラーゼはDNA上のプロモーター部位を探す時、DNA上を1次元拡散することが知られています。原田グループの究極の目的は、このような生体分子の巧みな分子機構を明らかにすることです。

生体分子の働くしくみを知るためには、個々の分子の動きをみたり、分子に直接さわったりすることが非常に役に立ちます。そこで私たちのグループでは、個々の生体分子の動きや構造変化を直接観察できる1分子イメージング顕微鏡や、分子を光ピンセットや磁気ピンセットで捕まえて操作する方法、分子の発生する微小な力を測定する装置などを開発してきました。現在、我々は新しい技術の開発を行うとともに、それらの技術を用いて生体分子の働くしくみを研究しています。

 

 

研究課題

1.蛍光ダイヤモンドナノ粒子を使った新規1分子イメージング法の開発

nanobiology1

2.ナノ開口を使った生体分子間相互作用の解析

nanobiology2

3.エピゲノムの分子機構解明

nanobiology3

 

発表論文

  1. Reversible Morphological Control of Tubulin-Encapsulating Giant Liposomes by Hydrostatic Pressure. Hayashi, M. et al.(2016)
    Langmuir 32(15), pp 3794–3802
  2. The application of fluorescence-conjugated pyrrole/imidazole polyamides in the characterization of protein–DNA complex formation.
    Han, YW. et al.(2016)Sci.4, 391-399
  3. Synergistic effect of ATP for RuvA-RuvB-Holiday junction DNA complex formation. Iwasa, T. et al.(2015) Scientific Reports 5, 18177
  4. Suppression of Nonspecific Protein-Nanodiamond Adsorption Enabling Specific Targeting of Nanodiamonds to Biomolecules of Interest. Sotoma, S. et al.(2015) Chemistry Letters 44(3), 354 - 356
  5. ECHO-liveFISH: in vivo RNA labeling reveals dynamic regulation of nuclear RNA foci in living tissues Nucl. Oomoto, I. et al. (2015) Nucleic Acids Res.43(19), e126
  6. Comprehensive and quantitative analysis for controlling the physical/chemical states and particle properties of nanodiamonds for biological applications. Sotoma, S. et al.(2015) RSC Adv.5, 13818 - 13827
  7. Optically Detected Magnetic Resonance of Nanodiamonds In Vivo; Implementation of Selective Imaging and Fast Sampling. Yoshinari, Y. et al.(2015) J Nanosci Nanotechnol. 15, 1014 - 1021