細胞核ネットワーク研究室

メンバー

准教授 加納 純子

連絡先

電話番号 06-6879-4328
ファックス番号 06-6879-4329
メールアドレス
URL http://www.protein.osaka-u.ac.jp/icr/network/

研究概要

染色体は遺伝情報の担体であり、生命活動の根本を統御する構造体である。染色体の機能欠損や重複は、細胞死やがん化、重篤な疾患を引き起こすことから、染色体機能に関する研究は生命の基本原理を探るためだけでなく、人間の疾患メカニズムを探るためにも重要である。真核生物の線状染色体の末端に存在する構造体である「テロメア」は、染色体を維持する上で重要な役割を果たしている。近年の研究により、テロメアは”分裂寿命時計”と比喩されるように細胞老化や寿命と密接な関係があるだけでなく、染色体の維持や種の保存において重要な役割を果たしていることが明らかにされてきた。当研究室では、遺伝学、分子生物学、生化学、細胞生物学など様々な手法を用いて、テロメアを中心とした染色体機能発現メカニズムを探る研究を行っている。

研究課題

  1. テロメア結合蛋白質複合体の新規機能の解明
  2. テロメアを含む染色体非コード領域が形成する機能ネットワークの解明
  3. Tel2-PIKKタンパク質相互作用ネットワークの分子基盤の解明

発表論文

  1. Fujita, I., Tanaka, M., and Kanoh, J. Identification of the functional domains of the telomere protein Rap1 in Schizosaccharomyces pombe. (2012) PLoS ONE, 7: e49151.
  2. Fujita, I., Nishihara, Y., Tanaka, M., Tsujii, H., Chikashige, Y., Watanabe, Y., Saito, M., Ishikawa, F., Hiraoka, Y., and Kanoh, J. Telomere-nuclear envelope dissociation promoted by Rap1 phosphorylation ensures faithful chromosome segregation. (2012) Curr. Biol., 22: 1932-1937.
  3. Chen, Y., Rai, R., Zhou, Z-R., Kanoh, J., Ribeyre, C., Yang, Y., Zheng, H., Damay, P., Wang, F., Tsujii, H., Hiraoka, Y., Shore, D., Hu, H-Y., Chang, S. and Lei, M. A conserved motif within RAP1 plays diversified roles in telomere protection and regulation in different organisms. (2011) Nature Struct. Mol. Biol., 18: 213-221.
  4. Miyoshi, T., Kanoh, J., Saito, M. and Ishikawa, F. Fission yeast Pot1-Tpp1 protects telomeres and regulates telomere length. (2008) Science, 320: 1341-1344.
  5. Shikata, M., Ishikawa, F. and Kanoh, J. Tel2 is required for the activation of Mrc1-mediated DNA replication checkpoint. (2007) J. Biol. Chem., 282: 5346-5355.
  6. Kanoh, J.*, Sadaie, M. Urano T. and Ishikawa, F. Telomere-binding protein Taz1 establishes Swi6 heterochromatin independently of RNAi at telomeres. (2005) Curr. Biol., 15: 1808-1819.
  7. Kanoh, J. and Ishikawa, F. spRap1 and spRif1, recruited to telomeres by Taz1, are essential for telomere function in fission yeast. (2001) Curr. Biol., 11: 1624-1630.