NMR構造解析グループ(宮ノ入G)

メンバー

准教授  宮ノ入 洋平
特任助教 杉木 俊彦 (兼)

連絡先

電話番号 06-6105-6078
ファックス番号
メールアドレス
URL http://www.protein.osaka-u.ac.jp/rcsfp/apc/nmr/

研究概要

【研究概要】

本研究グループは、核磁気共鳴法(nuclear magnetic resonance spectroscopy; NMR) を用いて、蛋白質をはじめとする生体高分子の動的な立体構造解析法ならびに分子間相互作用に伴う生体高分子の動態変化を解析する手法を新たに開発し、蛋白質が有する高次の生物学的機能を解明することを目指しています。

研究課題

1)  溶液NMR法による高分子量蛋白質、蛋白質複合体の動態構造解析法の開発

2) 新しい安定同位体標識手法の開発

3) 分子間相互作用に伴う蛋白質の動態変化の解析

発表論文

  1. Structural and functional analysis of the C-terminal region of FliG, an essential motor component of Vibrio Na+-driven flagella.Miyanoiri et al., Structure, 25, 1540-1548.(2017)
  2. Protein 19F-labeling using transglutaminase for the NMR study of intermolecular interaction. Hattori et al., J. Biomol. NMR. 68, 271-279 (2017)