超分子構造解析学研究室

メンバー

教授 中川 敦史
准教授 鈴木 守
山下 栄樹(兼)
助教 天野 まゆみ
東浦 彰史(兼)
成田 宏隆(特任助教)

 

連絡先

電話番号 06-6879-8635
ファックス番号 06-6879-4313
メールアドレス
URL http://www.protein.osaka-u.ac.jp/rcsfp/supracryst/

研究概要

生体超分子複合体は、個々の蛋白質/核酸コンポーネントが会合することによって初めてその機能を持つため、個々のコンポーネントではなく、超分子複合体全体の立体構造を決定することが重要です。本研究室では、イネ萎縮ウイルス,超好熱菌由来ウイルス様粒子、緑膿菌の薬剤排出蛋白質複合体、核輸送複合体といった生体超分子複合体や、電位センサー蛋白質を始めとする脳・神経系関連蛋白質など生物科学的に興味のある蛋白質の立体構造決定行うと同時に、SPring-8 の生体超分子構造解析ビームラインの開発や自由電子レーザーの利用を中心とした、生体超分子複合体の X 線結晶構造解析のための新たな方法論の開発を行っています。

Fig1
Fig.1: Diffraction data collection system installed at the beamline for macromolecular assemblies at SPring-8.
Fig2
Fig. 2: Atomic model of voltage-gated proton channel (VSOP/Hv1)

 

研究課題

  1. 生体超分子複合体および蛋白質のX線結晶構造解析
  2. 放射光および自由電子レーザーを利用した生体超分子複合体の構造解析法の開発
  3. 微小結晶からのデータ処理技術の開発

発表論文

  1. X-ray crystal structure of voltage-gated proton channel. Takeshita, K. et al. (2014) Nat. Struct. Mol. Biol., 21, 352-357.
  2. High-resolution X-ray crystal structure of bovine H-protein using the high-pressure cryocooling method. Higashiura, A. et al. (2013) J. Synchrotron Rad., 20, 989-993.
  3. A new protein complex promoting the assembly of Rad51 filaments. Sasanuma, H. et al. (2013) Nat. Commun., 4, 1676.