原田 慶恵 教授からのメッセージ

私たちのからだを構成する細胞の中をのぞいてみると、そこでは、さまざまなタンパク質分子が働いています。生き物のことを知るためには、タンパク質分子が働くしくみを調べることがとても大事です。私たちはこれまで、顕微鏡を使って、タンパク質分子が働く様子を直接観察する方法を開発し、タンパク質が巧みに働くしくみを調べてきました。最近はタンパク質が働く場所である細胞を理解するために、細胞の観察も行っています。少しずつですが、生命の不思議に迫っていきたいと思っています。

研究概要

私たちのからだは、たくさんの細胞からできています。それぞれの細胞が正しく機能することで我々は健康に生きることができます。細胞の中はどのような状態にあるのか、何が起こっているのかを知ることは、生命を理解するためにとても重要です。そこで我々は、小さな蛍光ダイヤモンド粒子を使って細胞内のナノ領域の環境を計測する方法の開発、細胞内の局所温度を計測し、温度変化が細胞機能にどのような影響を及ぼすのかについて調べる研究を行っています。また、個々の細胞からのタンパク質の分泌を実時間イメージングすることができる蛍光顕微鏡を提供し、複数の研究室と共同研究を行っています。

詳しくは

細胞内局所温度
計測技術の開発

詳しくは

蛍光性ナノ
ダイヤモンドによる
細胞の量子センシング

詳しくは

1細胞分泌実時間
イメージングを使った
免疫応答の解析

詳しくは

お知らせ原田研からのニュース、お知らせを掲載しています。

Copyright © HARADA Lab. Institute for Protein Research, Osaka University All Rights Reserved.

PAGE TOP
MENU