東海道五十三次ギャラリー

       

2015年1月14日

睦月セミナー 横山 和重 教授 (米国 ニューヨーク州立大学−ジェネセオ校)
Controlling a Reversible Self-Assembly Path by Nanoscale Metal Surface

      

2014年11月18-20日

蛋白研 & JSPS Japan hangary Joint Seminar
Mechanism and regulation of aberrant protein aggregation

        

2014年6月14日

水無月セミナー Assistant Professor Zhefeng Guo (Department of Neurology, University of California, Los Angeles, USA) 
Alzheimer’s Disease: Structures of Aβ Aggregates and Therapeutic Implications

2014年3月13日

弥生セミナー Professor Jozsef Kardos (ハンガリー エトヴェシュ・ローランド大学)

2014年2月24-28日

如月セミナー 
年度末報告会

2013年10月18日

神無月セミナー Wojciech Dzwolak assist. prof. (Poland University of Warsaw )
On the self-propagating polymorphism of amyloid fibrils : focus on insulin fibrillation

2013年9月19日

長月セミナー  

        

2013年8月28日

葉月セミナー 河田 康志 教授 (鳥取大学、大阪大学 招へい教授)
蛋白質の安定性と構造変化に関わる研究

        

2013年8月10日

葉月講演会 白木 賢太郎 准教授 (筑波大学)
タンパク質溶液の内側〜タンパク質溶液といっても色々なものが入ってくるという話〜

            

2013年6月27日

水無月セミナー 横山 和重 教授 (米国 ニューヨーク州立大学−ジェネセオ校)
Controlling Reversible Self-Assembly Path of Amyloid Betaon NanoscaleSurface               

Evi Bulyaki D1 (ハンガリー エトヴェシュ・ローランド大学) 
Peptide Binding Induced Polymerization in Budapest

2013年6月19-20日

大阪大学蛋白質研究所セミナー
フォールディングとミスフォールディングの研究の新展開

2013年5月17日

皐月セミナー 松田 佳祐 B1(大阪大学)
交通渋滞における過飽和と生命における過飽和の接点

        

2013年2月21日

共同研究者&研究室研究報告会
如月セミナー&年度末報告会

2013年2月6日

如月セミナー 吉村 成弘 准教授(京大)
核膜孔複合体中におけるタンパク質の動態と構造変化

2013年1月21日

睦月セミナー 直江 一光 准教授(奈良高専)
分子集合体を用いた金属ナノ粒子の調製とそれらが酵素に及ぼす影響

2012年11月15-16日

大阪大学蛋白質研究所セミナー
分子シャペロンの機能発現の新展開と細胞制御

2012年11月5日

霜月Forum 〜 Simotsuki Forum Niclas Solin 教授
Organization of Organic Materials by Self-assembled Protein Structures

2012年8月4日

葉月講演会 萩原 義久 先生(産総研)
次世代抗体:ラクダ由来VHH抗体とは何者か?

2012年7月30日

松本 正和 先生 セミナー
過冷却水の微視的描像

2012年6月18−19日

大阪大学蛋白質研究所セミナー
蛋白質と過飽和

2012年6月11日

共同研究者セミナー
水無月 Forum 〜 minazuki forum

2011年4月27−28日

大阪大学蛋白質研究所セミナー
蛋白質異常凝集の原理と制御

2010年6月14日

大阪大学蛋白質研究所セミナー
Cooperation in Protein Science between Asian and Pacific Countries

2009年11月5日

International Autumn Forun

2009年10月20日

小出 昌平 准教授
Synthetic binding proteins: Design, evolution and application to structural and cell biology

2009年7月13−14日

大阪大学蛋白質研究所セミナー
蛋白質立体構造を基盤とするプリオン現象の解明と制御

2009年6月15日

石森 浩一郎 教授(北海道大学)
呼吸鎖末端酸化酵素への電子伝達機構の解明に向けて

2009年2月2日

Westmark 夫妻(スウェーデン)
アミロイドーシスと感染

2008年12月7−9日

大阪大学蛋白質研究所セミナー
New Approaches to Complexity of Protein Dynamics by Single Molecule Measurements: Experiments and Theories

2008年9月29−30日

大阪大学蛋白質研究所セミナー
蛋白質を創る、知る、使う〜蛋白質科学と産業応用

2008年5月23日

Amy E.Keating 教授(米国、マサチューセッツ工科大学)
Proten-protein interactions of native and designed bZIP transcription factor coiled coils.

2008年1月15日

石川 春人 博士(米国、スタンフォード大学)
Ultrafast 2D-IR Vibrational Echo Spectorscopy of Heme Proteins.

2007年12月17日

前田 悠 名誉教授(九州大学)
ホモポリペプチドのβシート形成 ー神代の頃の研究ー.

2007年11月28日

Maxim V Fedorov 博士(英国、ケンブリッジ大学)
Effects of salts and sugars on biopolymers: an in silico study.

2007年7月30日

日暮 卓志 博士(米国、ウィスコンシン大学-マディソン校)
J-protein Co-chaperone Sis1 Required for Generation of [RNQ+] Seeds Necessary for Prion Propagation.

2007年6月29日

Chris Garvey 博士(豪州、シドニー大学)
Journey to the centre of a cell - across the electromagnetic spectrum, from x-rays to radio-waves, and beyond!

2007年6月21−22日

大阪大学蛋白質研究所セミナー
蛋白質の会合と凝集−機能、病気、利用

2006年3月27日

藤芳 暁 博士(東京工業大学 大学院理工学研究科 物性物理学専攻)
低温下で動きを止めた単一タンパク質分光と新規の手法の開発

2006年11月29日

木村 哲就 博士(米国、カリフォルニア工科大学)
蛍光エネルギー移動キネティクスによるへリックスバンドルの折り畳み過程の観察

2006年9月28−29日

大阪大学蛋白質研究所セミナー
蛋白質の機能運動と折り畳み運動

2006年8月10日

川上 勝 博士 (英国、リーズ大学)
 AFMによる生体分子の一分子ダイナミクス

2006年5月19日

Haw Yang 教授 (米国、カリフォルニア大学バークレー校)
 High-resolution single-molecule spectroscopy and 3D single-particle tracking.

2006年4月20日

安宅 憲一 博士 (ドイツ、ビーレフェルト大学)
 表面増強赤外分光法を用いたチトクロムcオキシダーゼ単分子膜機能の解析

2006年4月18日

Allen P. Minton 教授 (米国、国立衛生研究所)
 Effects of Macromolecular Crowding upon Protein Conformation and Stability: Predictions and Observations.

2005年12月19日

Wojciech Dzwolak 博士 (ポーランド、ポーランド科学アカデミー)
 Hydrostatic Pressure and Cosolvents as Non-Genomic Factors Leading to Polymorphism of Insulin Amyloid.

2005年11月14日

R. Stephen Berry 教授 (米国、シカゴ大学)
 Sticky Spot on Proteins and How We Might Use Them.

2005年10月5日

Johannes Buchner 教授 (ドイツ、ミュンヘン工科大学)
 Molecular Chaperones Cellular Machines for Protein Folding.

2005年7月27日

Roland Riek 助教授 (米国、ソーク研究所)
 The Structure of Amyloids and Prions.

2005年7月8日

Daniel Otzen 教授 (デンマーク、オールボー大)
 Mechanisms of Protein Fibrillation.

2005年5月26−27日

大阪大学蛋白質研究所セミナー
 蛋白質の昼と夜 −フォールディングとミスフォールディング−

2004年11月25−26日

大阪大学蛋白質研究所セミナー
 蛋白質の自己組織化メカニズム −折り畳み・デザイン・アミロイド形成−

2004年11月24日

古川 良明 博士 (米国、ノースウェスタン大)
 Post-translational Control of the SOD1 Maturation and Its Relevance to ALS.

2004年11月22日

宇高 恵子 教授 (高知大学医学部 分子免疫学教室)
 MHC結合性ペプチドのレパートリー形成におけるH鎖とβ2mの役割



−過去の主催セミナー−

2004年7月16日

Tobin R. Sosnick 博士 (米国、シカゴ大)
 Discerning the structure and energy of multiple transition states in protein folding using ψ-analysis along with tests of the diffusion-collision model.

2004年7月5日

西村 千秋 博士 (米国、スクリプス研究所)
 Transient structure: Kinetic intermediate during the folding pathway of apomyoglobin.

2004年4月23日

曹 傲能 博士 (中国、北京大学)
 Folding and chaperone-like activity of Mj Hsp16.5.

Mohan Ch. Rao 教授 (インド、細胞分子生物学センター)
 Small heat shock proteins with chaperone activity: α-crystallin, Hsp22, and Hsp33.

2003年12月1日

Raman Bakthisaran 博士 (インド、細胞分子生物学センター)
 Role of certain conserved regions on the structure and function of the small heat shock protein, α-crystallin.

2003年6月5−6日

大阪大学蛋白質研究所セミナー
 タンパク質の構造・機能発現の品質管理 —凝集と再生—

2003年4月15日

Jocelyne Fiaux 博士 (スイス、スイス連邦工科大学チューリッヒ校)
 NMR analysis of a 900K GroEL-GroES complex.

2003年3月10−11日

大阪大学蛋白質研究所セミナー
 生物の過酷環境への適応戦略 —低温適応を中心として—

2003年3月5日

大西 哲 博士 (米国、ジョーンズ・ホプキンス大学)
 Primary role of local steric interactions in protein folding: An alternative view of the protein denatured state.

2002年12月9−10日

大阪大学蛋白質研究所セミナー
 電子顕微鏡でダイナミックな生体情報を得るには!!

2002年11月9日

Kyou-Hoon Han 博士 (韓国、韓国生命工学研究院)
 Probing nAChR-ligand interactions using α-conotoxin family: An NMR structural approach.

2002年7月10日

Ariel Fernández 博士 (米国、シカゴ大学)
 Under-wrapped hydrogen bonds in protein associations and molecular disease.

2002年2月22日

Mohan Ch. Rao 教授 (インド、細胞分子生物学センター)
 Chaperone-like activity of α-crystallin; an eye lens protein.

2001年12月27日

西村 千秋 博士 (米国、スクリプス研究所)
 Kinetic and equilibrium intermediates of apomyoglobin and Staphylococcal nuclease.

2001年12月17日

Jooyoung Lee 教授 (韓国、韓国高等科学院)
 Protein folding and global optimization.

2001年12月7日

József Kardos 博士 (ハンガリー、エトボシ大学)
 The role of structural stability and conformational flexibility in the catalytic function of the enzymes.

2001年12月3−4日

大阪大学蛋白質研究所セミナー
 1分子計測とナノ技術がバイオロジーを変える

2001年7月13日

佐々木 裕次 博士 (SPring-8/(財)高輝度光科学研究センター 生物医学G)
 たった1分子、されど1分子、だから1分子 −X線1分子計測の考案−

2001年4月13日

Anthony L. Fink 教授 (米国、カリフォルニア大学)
 The molecular basis for protein deposition diseases: α-Synuclein and Parkinson's disease.

2001年1月25−26日

大阪大学蛋白質研究所セミナー
 脂質結合タンパク質の立体構造と生物学的意義

2000年12月12−13日

大阪大学蛋白質研究所セミナー
 蛋白質フォールディングを決める溶媒環境

1999年11月25−26日

大阪大学蛋白質研究所セミナー
 タンパク質のフォールディング問題 −その物理学的基礎と生物学的意義−