国際蛋白研セミナー “The 2nd Molecular and Cellular Life Sciences (MCLS 2017): Structural biology, modeling and molecular dynamics with application in biotechnology and medicine”

場所 Wyndam Hotel, スラバヤ, インドネシア
日時 H29年7月17日(月)-18日(火)

蛋白質研究所は、インドネシア・アイルランガ大学の熱帯病研究所と2014年に部局間協定を締結し研究教育交流を進め、アジア地域における蛋白質研究共同利用・共同拠点事業の展開を図っています。その一環として、両研究所が共同して国際セミナーMCLS2015をH27年5月に開催しました。今回は、この2研究所に加えてオランダ・グローニンゲン大学のGroningen Biomolecular Sciences and Biotechnology Institute (GBB)の協力も得て、3研究所共催の第2回目のMCLS2017を開催します。アジア・オセアニア諸国の学生・研究者が集い、蛋白質科学研究者コミュニティのネットワークを強化できる機会になると期待されます。詳しくは、ホームページ(www.itd.unair.ac.id/mcls)をご覧ください。

 

Poster-MCLS-201713.pdf

 

MCLS-2017-program.pdf

 

世話人:
中川 敦史(大阪大学蛋白質研究所)
栗栖 源嗣(大阪大学蛋白質研究所)
Ni Nyoman Tri Puspaningsih(アイルランガ大学)
長谷 俊治(大阪大学欧州拠点)

 

【問い合わせ】

中川 敦史
大阪大学蛋白質研究所
E-mail: atsushi[at]protein.osaka-u.ac.jp