Headline News

本研究所の特任助教Gert-Jan Bekker 博士らによる論文がJournal of Chemical Theory and Computation に掲載され、図が2017年7月号の表紙に採用

本研究所の特任助教Gert-Jan Bekker 博士らによる論文”Accurate Prediction of Complex Structure and Affinity for a Flexible Protein Receptor and its Inhibitor(http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/acs.jctc.6b01127, DOI: 10.1021/acs.jctc.6b01127) がJournal of Chemical Theory and Computation (JCTC, IF=5.301) に掲載され、図が2017年7月号の表紙に採用されました。
(http://pubs.acs.org/toc/jctcce/13/7 )

 

Figure.jpg

国内の生命科学基盤データベースを運営する機関が連携し、 データベース統合化を目指したJBI (Japan alliance for Bioscience Information) と 称するWeb ページを開設いたしました

大阪大学蛋白質研究所 日本蛋白質構造データバンクProtein Data Bank Japan(PDBj) は、情報・システム研究機構 国立遺伝学研究所 DNA Data Bank of Japan(DDBJ)、科学技術振興機構 バイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)、 情報・システム研究機構 データサイエンス共同利用基盤施設 ライフサイエンス統合データベースセンター(DBCLS)と共同で、研究者に役立つサービス・情報のワンストップサービスを目指して、生命科学データベースポータルサイトJBI (Japan alliance for Bioscience Information)ポータル(http://jbioinfo.jp/)を開設致しました。

詳細はこちらをご覧ください。

Press Release: 体温調節を担う汗腺の三次元構造の可視化に成功-熱中症や多汗症の解明や治療、次世代型制汗剤の開発に期待-

大阪大学大学院薬学研究科 先端化粧品科学(マンダム)共同研究講座の岡田文裕招へい教授、蛋白質研究所寄附研究部門の関口清俊教授、大学院医学系研究科情報統合医学皮膚科学講座の片山一朗教授の研究グループは、発汗時における汗腺収縮の解明につながるヒト汗腺の三次元構造を可視化することに、世界で初めて成功しました。

Press Release: 味を感知する受容体のセンサー領域の立体構造を初めて解明

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科(薬) のニパワン・ヌアムケット特任助教(研究当時)、安井典久助教、山下敦子教授らと、理化学研究所、農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)、自然科学研究機構分子科学研究所 、東北大学、大阪大学の共同研究グループは、 口の中で味物質の感知を担う味覚受容体タンパク質について、受容体の主要部分である細胞外のセンサー領域が、味物質を結合している状態の構造を解明することに成功しました。五感を担うセンサータンパク質のうち、味覚の受容体の立体構造が明らかになったのは、これが初めてです。本研究成果は 5月23 日英国時間午前 10時(日本時間午後 6時)、英国の科学雑誌「Nature Communications」に掲載されます。

教員(助教あるいは講師)の公募:蛋白質ナノ科学研究室

応募期限:平成29年6月30日(金)

応募要領

応募様式

 

【本件に関する問合せ先】

大阪大学蛋白質研究所
蛋白質化学研究部門
蛋白質ナノ科学研究室教員選考委員会

委員長 原田 慶恵

(Tel: 06-6879-8627 E-mail: yharada@protein.osaka-u.ac.jp)

(大阪大学蛋白質研究所は男女共同参画を推進しています。女性の積極的な
応募を歓迎いたします。)