Headline News

新型コロナウイルスおよび新型コロナウイルス感染症への対応について

新型コロナウイルスへの対応

蛋白質研究所は、大阪大学の活動基準に従って、研究・教育活動を行っています。
コロナ新時代における大阪大学の行動ガイドライン」を遵守し、研究所建物に入る際は、必ずマスクを着用して、感染予防に留意して下さい。

大阪大学活動基準等

 

COVID-19関連の研究状況

猛威をふるう新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に直接関連する構造情報をまとめて公開しています

(問い合わせ先) 
教授 栗栖源嗣 mail: gkurisu[at]protein.osaka-u.ac.jp    tel: 06-6879-8604

 

拠点活動の状況

本研究所では、4月9日(木)から拠点事業で来所される研究代表者の皆様には、研究協力者も含めて受入れを停止しておりましたが、本学の活動基準に従い、感染防止対策を講じるとともに受入れ教員と相談の上で研究活動を再開しております。
なお、来所を伴わない形での共同研究・共同利用(試料を送付いただき所内教員が測定および解析を行う、など)についても、引き続き積極的に受け入れております。
また、新型コロナウイルスに関連する共同研究・共同利用についても随時受け入れて実施中です。詳しくは各事業の担当教員にお問い合わせくださいますようお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症関連研究のビームライン共同利用研究課題について

新型コロナウイルス感染症関連研究の超高磁場NMR装置共同利用研究課題について

新型コロナウイルス感染症関連研究のクライオ電子顕微鏡共同利用研究課題について

 

古郡麻子准教授-2020年度日本遺伝学会奨励賞受賞

古郡麻子准教授(ゲノム-染色体機能研究室)が2020年度日本遺伝学会奨励賞を受賞しました。

業績名:
「ゲノム安定維持に関わる酵素複合体の構造と機能に関する研究」
「Studies of enzyme complexes working for genome maintenance」

日本遺伝学会のHPはこちら

Press Release:抗体医薬の抗がん作用を高める 環状ペプチドを発見

神戸大学大学院医学研究科シグナル統合学分野の村田陽二准教授、的崎尚教授らと、東京大学大学院理学系研究科の菅裕明教授、大阪大学蛋白質研究所の松田真特任助教、中川敦史教授らの研究グループは、がん細胞を食べる(貪食)能力を持つマクロファージ上のSIRPαという膜タンパク質に特異的に結合する環状ペプチドを発見しました。さらに、そのペプチドが抗体医薬により誘導されるマクロファージのがん細胞に対する貪食作用を高め、マウスに移植されたがん細胞の排除を増強することを明らかにしました。今後、有効性と安全性の高い最適化されたSIRPα結合環状ペプチドを開発できれば、がんの新たな治療薬になることが期待されます。

Press Release:免疫の初期防御応答における閾値(いきち)機構の解明 —速やかな抗原応答のメカニズムをオミクスデータと数理モデルで説明-

⼤阪⼤学⼤学院理学研究科の⼤学院⽣ 道⽥⼤貴さん(博⼠前期課程)らをはじめとする⼤阪⼤学蛋⽩質研究所 細胞システム研究室(岡⽥眞⾥⼦教授)の研究グループは、免疫B 細胞の速やかな抗原応答の分⼦メカニズムをオミクスデータと数理モデルを⽤いて明らかにしました。これは、理化学研究所⽣命医科学研究センター、同・⽣命機能科学研究センター、東京医科⻭科⼤学 難治疾患研究所(⼆階堂愛教授)、東京⼤学⼤学院新領域創成科学研究科(鈴⽊穣教授)らとの共同研究グループの成果です。

Press Release: 細胞における分子1個の回転運動を3次元で検出するナノ量子センサーを実現 ~ 医学と生命科学の発展に幅広く貢献

国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 量子生命科学領域 次世代量子センサーグループの五十嵐龍治グループリーダーは、広島大学の杉拓磨特任准教授、大阪大学蛋白質研究所の原田慶恵教授、量研 量子生命科学領域の白川昌宏領域研究統括(京都大学教授)らと共同で、大きさが1万分の1ミリメートル以下のナノサイズの特殊なダイヤモンドをセンサーとして用い、1分子のたんぱく質が回転する動きを捉えることに成功しました。