Headline News

Press Release: 細胞外マトリックスを用いてヒト多能性幹細胞から高効率に血管内皮細胞の誘導に成功

京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の齋藤潤准教授グループと、大阪大学蛋白質研究所の関口清俊寄付研究部門教授グループらの共同研究チームは、細胞外マトリックスのひとつラミニン411(LM411)の組換えタンパク質断片(LM411-E8)を用いることにより、ヒト多能性幹細胞注3)から正常機能を有する血管内皮細胞を高効率に分化誘導する手法の開発に成功しました。

Press Release: ガンの浸潤や骨粗鬆症の原因となるタンパク質の働きを阻害するペプチドを創製 ~新薬設計時の新たな作用領域として期待~

蛋白研の高木淳一教授のグループは、東大・菅裕明教授のグループと共同で、臓器形成や免疫応答を司る中心的なタンパク質であり、ガンの浸潤にもかかわるSema4D(セマフォリン4D)の受容体、PlxnB1(プレキシンB1)へ強く結合する環状ペプチドPB1m6の取得に成功しました。そして、その PB1m6がPlxnB1の機能を阻害することを証明しました。

蛋白質研究所・金城玲准教授らによるPDBj活動に関する学術論文 “Protein Data Bank Japan (PDBj): updated user interfaces, resource description framework, analysis tools for large structures” がNucleic Acids Researchから刊行されました。

蛋白質研究所・金城玲准教授らによるPDBj活動に関する学術論文“Protein Data Bank Japan (PDBj): updated user interfaces, resource description framework, analysis tools for large structures”がNucleic Acids Researchから刊行されました。

Press Release: 光合成の効率を調整するタンパク質、カルレドキシンを発見-光合成生物の酸化ストレスを減らす影の立役者-

大阪大学蛋白質研究所の栗栖源嗣教授らの研究グループは、ドイツ・ミュンスター大学のマイケル・ヒップラー教授らとの共同研究により、光合成の効率を調整するタンパク質を新たに発見し、その構造解析と、構造に基づいた機能解析に成功しました。

九州・熊本地方の大学・研究機関の皆様へ

この度の熊本、九州地区の地震で被害を受けられた方々に心よりお見舞い申し上げます。

共同利用・共同研究拠点である蛋白質研究所として、できるかぎりの支援をしたいと考えております。また、関連研究所、大学,学会等とも緊密に連携して、適切な支援策を皆様の要望にお答えする形で提供したいと考えております。

余震が続いて油断できない状況で有り,通常生活の回復が第一であるとは思いますが、困っていること、必要とされている支援、また、ご要望・ご提案を、メール、SNSどちらでもご連絡がしやすい手段で、以下にお知らせ頂ければ幸いです。
 
連絡先メールアドレス: toiawase@protein.osaka-u.ac.jp
蛋白研facebook
蛋白研Twitter
 
一日も早く通常の日常と研究生活が取り戻せるよう、心よりお祈り申し上げます。

 
 
蛋白質研究所所長

Press Release: 結晶を損傷しない新しいタンパク質結晶の輸送媒体を発見! ~タンパク質の結晶構造解析で新薬創生に一歩近づく

理研、京大、高輝度光科学研究センター、阪大蛋白研の共同研究グループは、X線自由電子レーザー(XFEL)施設「SACLA[1]」のX線レーザーを用いた「連続フェムト秒結晶構造解析(SFX)[2]」(1フェムト秒は1,000兆分の1秒)において、タンパク質結晶輸送媒体としてヒアルロン酸[3]が利用できることを発見しました。

【H28年5月1日(日)】 第11回大阪大学ホームカミングデイのご案内

キャンパスに年に一度、卒業生、在学生、保護者、現・元教職員など大阪大学ファミリーが一堂に会するホームカミングデイを開催いたします。今年は第11回目となり、落語やトークセッションなど、さらに盛りだくさんのプログラムを予定しています。