【開催報告】サイエンスアゴラ2017 (11月24~26日, 東京お台場) に出展しました

快晴の3日間、東京お台場にて開催されたサイエンスアゴラに出展致しました。たくさんの来訪者に、蛋白研の教員も熱心に蛋白質構造や研究の紹介を行いました。今年は新たにVR (Virtual Reality)メガネを使って蛋白質構造を視る企画が好評を博しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

企画提供者:大阪大学蛋白質研究所、日本蛋白質構造データバンク(PDBj)、広島市立大学大学院情報科学研究科医用情報科学専攻、立命館大学生命科学部生命情報科学科、関西学院大学理工学部生命医化学科バイオインフォマティクス・ゲノム情報医化学

 

 

 

**********************************

蛋白研はPDBj、立命館大学、広島市立大学、関西学院大学とともに、”生命をささえるタンパク質の「かたち」”をテーマに、JST主催一般向け科学イベント「サイエンスアゴラ2017」に出展します。

 

サイエンスアゴラ2017

日時:
  • 2017年11月24日 (金) (13:30〜18:00)
  • 2017年11月25(土)- 26日(日)(10:00〜16:00)
会場:
テレコムセンタービル(東京お台場)
5F Dエリア(分野の壁を越えて新たな知を創造する) 65

生命をささえるタンパク質の「かたち」

「見る」「さわる」「つくる」といったさまざまな体験を通じてタンパク質の「かたち」の多様性と重要性を実感していただけるような企画を提供し、生体分子への理解を深めてもらうことを目指しています。
具体的には下記内容の出展を行います。

  1. 実際にPDBjのデータベースへアクセスして様々なタンパク質分子をCGなどで立体視する「見る」
  2. 3Dプリンタでつくった分子モデルを「さわる」
  3. ペーパークラフトで分子模型を「つくる」

また、これらの「かたち」を明らかにするための技術として、大型放射光施設や今年のノーベル賞の受賞理由となった高性能電子顕微鏡をわかりやすく紹介します。