「どうして心臓は動き続けるの?―生命をささえるタンパク質のなぞにせまる—」を出版しました。

蛋白質研究所創設60周年を記念し「どうして心臓は動き続けるの?―生命をささえるタンパク質のなぞにせまる—」を出版致しました。

蛋白質研究所教員が執筆、編集を行い、タンパク質を広く知っていただくことを目的としています。

タイトルの他、「どうして毎年インフルエンザワクチンを打たなくてはいけないの?」「どうすれば寿命を延ばせるの?」「痛みはどのようにして感じるの?」など、身近な疑問をタンパク質の専門家が詳しく説明します。図やイラストを用い、大変わかりやすい内容となっています。

 ご興味のある方は化学同人のHPより、ご購入いただけます。

https://www.kagakudojin.co.jp/book/b378581.html