新型コロナウイルスおよび新型コロナウイルス感染症への対応について

新型コロナウイルスへの対応

蛋白質研究所は、大阪大学の活動基準に従って、研究・教育活動を行っています。
コロナ新時代における大阪大学の行動ガイドライン」を遵守し、研究所建物に入る際は、必ずマスクを着用して、感染予防に留意して下さい。

大阪大学活動基準等

 

COVID-19関連の研究状況

猛威をふるう新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に直接関連する構造情報をまとめて公開しています

(問い合わせ先) 
教授 栗栖源嗣 mail: gkurisu[at]protein.osaka-u.ac.jp    tel: 06-6879-8604

 

拠点活動の状況

本研究所では、4月9日(木)から拠点事業で来所される研究代表者の皆様には、研究協力者も含めて受入れを停止しておりましたが、本学の活動基準に従い、感染防止対策を講じるとともに受入れ教員と相談の上で研究活動を再開しております。
なお、来所を伴わない形での共同研究・共同利用(試料を送付いただき所内教員が測定および解析を行う、など)についても、引き続き積極的に受け入れております。
また、新型コロナウイルスに関連する共同研究・共同利用についても随時受け入れて実施中です。詳しくは各事業の担当教員にお問い合わせくださいますようお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症関連研究のビームライン共同利用研究課題について

新型コロナウイルス感染症関連研究の超高磁場NMR装置共同利用研究課題について

新型コロナウイルス感染症関連研究のクライオ電子顕微鏡共同利用研究課題について