2018年度高度副プログラム『蛋白質解析先端研究プログラム』ガイダンスを開催します

蛋白質研究所では、博士課程の大学院生を対象に、大学院高度副プログラム「蛋白質解析先端研究プログラム」を開講いたします。

 

本プログラムでは,阪大が得意とする構造生物学分野で,大型特殊装置(SPring-8阪大蛋白研ビームライン,超高磁場NMR装置,クライオ電子顕微鏡)や国際的データベース(Protein Data BankThe Cambridge Structural Database)を利用した先端研究に触れ,高度な専門性と幅広い見識を身につけたい人を歓迎します.全てのプログラムを学び終えた時には,論理的思考力をもって問題解決にあたることの出来る人材に成長することを期待します.大型特殊装置の開発担当者(学外連携機関:理化学研究所,株式会社リガク)からの外部講師による講義も準備しています.プログラム中で興味のある講義だけの履修も歓迎しますので,積極的に応募してください.

 

2018年度 副専攻/高度副プログラムガイダンス

実施日時(吹田キャンパス):2018410日(火)1130 1330

実施場所(吹田キャンパス):テクノアライアンス棟アライアンスホール

 

→ 詳細はこちら