大阪大学 蛋白質研究所 機能・発現プロテオミクス研究室
Institute for Protein Research, Osaka University
Laboratory of Protein Profiling and Functional Proteomics
高感度、短時間で分析が可能な質量分析法は、様々な生体内微量蛋白質のアミノ酸配列や翻訳後修飾の解析に利用されている。最近では、蛋白質や遺伝子データベースの充実にともなって、生体内の総発現蛋白質を網羅的に解析することで様々な生理的現象を解明しようというプロテオミクス研究の基盤技術となっている。当研究室では、質量分析によるペプチド・蛋白質の一次構造解析のための化学・分析的手法や装置の開発、そして質量スペクトルを確度よく解析するためのソフトウェアの開発、整備を行うとともに、それらを用いて生理的に重要な微量蛋白質の同定や翻訳後修飾の構造解析を行っている。
Professor
Toshifumi TAKAO (高尾 敏文)
Assistant Professor
Caroline Donzeli Pereira
Visiting Scientists
Junichi FUJII (藤井 順逸)
Atsushi NISHIKAWA (西河 淳)
Yoshitaka FUKADA (深田 吉孝 )
Takeshi TOMITA (富田 毅)
Research Fellow
Masafumi FUKUDA (福田 正史)
Technical Supporters
Etsuko NAKAJIMA (中島 悦子)
Mika YOSHIDA (吉田 美香)
Graduate Students
Yang WANG (汪 洋)
Tomoshige ANDO (安東 友繁)
Exchange Student
Qiuyi WANG (汪 秋益)