最 終更新日
2015年5月22日

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

機能構造計測学研究室

では生体高分子(たんぱく質)の立体構造がどのように機能を発現させて生命活動を担っているのか?を明らかにしたい。これを構造生物学という。用いる手法は核磁気共鳴 (NMR)法と分子生物学的手法、計算機科学的手法で、これらを併用して研究を進めている。特に生体エネルギー変換系や情報変換系のたんぱ く質の構造と機能に重点を置いている。

NMR

はたんぱく質が働いている現場を原子の解像度で見せてくれる。従来の溶液NMR法には大きな分子を解析できないとうい弱点があった。私たちは固体NMR法を使って、巨大な生体分子を 解析する新しい測定法を開発している。この技術と遺伝子工学的な手法を組み合わせて膜たんぱく質などの超分 子システムの機能解明にチャレンジしている。また、NMRデータのデータベースの運営、管理も行っている。これにより、世界中の研究者と NMRに関する知見を共有できる様になる。

ここでPIからひとこと。