研究概要


    細胞は、たくさんの遺伝子の中からどのようにして必要な情報を選び、処理するのか。似たような分子が混雑している微小な環境の中で、反応の特異性をどのように担保するのか。私たちはこのような疑問を解くために、細胞内の分子のキネティクスに注目し、実験、数理、計算を組み合わせ、ネットワークの制御と細胞運命との関連について明らかにしようとしています。

News
2020/6/23 Boris Kholodenko 先生のオンライン講義が7月に開催されます。詳細
2020/6/2 道田大貴らの論文がCell Reportsに掲載されました。
大阪大学プレスリリース
https://resou.osaka-u.ac.jp/ja/research/2020/20200603_2
2020/5/1 田畑特任講師がラボに加わりました。
2020/4/10 新メンバーがラボに加わりました。
http://www.protein.osaka-u.ac.jp/cell_systems/people_ja.html#a3
2020/3/26 飯田助教が2019年度日本数学会応用数学研究奨励賞を受賞しました。
2020/2/26 Nicoが本庄国際財団奨学金に内定しました。
2020/2/26 井元宏明が日本学術振興会特別研究員(DC1)に内定しました。
2020/1/20 Sufengらの論文がFEBS lettersに受理されました。国立台湾大学との共同研究の成果です。
2020/1/16 シカゴ大との共同研究の成果がLife Science Allianceに受理されました。
日本経済新聞(電子版)プレスリリース他
https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP528536_W0A200C2000000/
2019/11/20 当ラボに滞在していたSufeng Chiangが無事、国立台湾大学にて博士号を取得しました。
2019/11/5 Nico、井元、江端、道田、飯田が、ICSB 2019 @ OIST で発表を行いました。
2019/10/1 市川彩花研究員(専門:シグナル伝達)が就任しました。
2019/9/26 井元さんが日本生物物理学会年会で学生発表賞を受賞しました。
2019/9/13 学生を募集しています。→ 募集
2019/4/11 井元さんの論文がCurrent Opinion in Systems Biologyにアクセプトされました。
2019/4/1 飯田渓太助教(専門:数学)が就任しました。
2018/2/3 ギャラリーを更新しました。
2018/9/19 Update (Photos)
April 10, 2018 Prof. Mariko Okada has achieved an award of The Commendation for Science and Technology by the Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology.