From genes to in vivo function

and human disease

遺伝子から個体生理機能

ヒト疾患までの解明を目指して

  • 2021年2月

    元大学院生(博士後期課程卒業)の久保竣さんの論文"Functional analysis of Samd11, a retinal photoreceptor PRC1 component, in establishing rod photoreceptor identity"が2月18日発行のScientific Reports誌に掲載されました。
    https://www.nature.com/articles/s41598-021-83781-1
  • 2021年1月

    Hung-Ya Tu助教が着任しました。
  • 2020年12月

    医学部生の時に当研究室で研究していた杉山剛文君(現研修医)の論文"The potential role of Arhgef33 RhoGEF in foveal development in the zebra finch retina"が12月8日発行のScientific Reports誌に掲載されました。
    https://www.nature.com/articles/s41598-020-78452-6
  • 2020年12月

    杉田祐子特任助教と大学院生の山本悠さんの論文"Influence of Aging on the Retina and Visual Motion Processing for Optokinetic Responses in Mice"が12月1日発行のFrontiers in Neuroscience誌に掲載されました。
    https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fnins.2020.586013/full
  • 2020年9月

    大学院生の前田和さんが第93回日本生化学大会の若手優秀賞を受賞しました。
  • 2020年7月

    准教授の茶屋太郎さんが日本生化学会の奨励賞を受賞しました。
  • 2020年4月

    大学院生の堤崚太郎さんが日本学術振興会特別研究員(DC2)に採用されました。
  • 2020年3月

    大学院生の今鉄男さんの論文"Origin and evolution of the Rax homeobox gene by comprehensive evolutionary analysis"が3月6日発行のFEBS open bio誌に掲載されました。
    https://febs.onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1002/2211-5463.12832
  • 2020年2月

    杉田祐子助教の論文"Retinal ON and OFF pathways contribute to initial optokinetic responses with different temporal characteristics"が2月6日発行のEuropean Journal of Neuroscience誌に掲載されました。
    https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/ejn.14697?af=R
  • 2020年1月

    大学院生の山本悠さんの論文"Functional and Evolutionary Diversification of Otx2 and Crx in Vertebrate Retinal Photoreceptor and Bipolar Cell Development"が1月21日発行のCell Reports誌に掲載されました。
    https://www.cell.com/cell-reports/fulltext/S2211-1247(19)31729-2

過去のお知らせ一覧