From genes to in vivo function

and human disease

遺伝子から個体生理機能

ヒト疾患までの解明を目指して

  • 2021年11月

    古川研究室が参加しているムーンショットプロジェクト(認知症プロジェクト)のホームページが公開されました。
    ●公開URL
    https://monad.med.kyoto-u.ac.jp/
    https://monad.med.kyoto-u.ac.jp/rd/item1/
  • 2021年10月

    令和3年10月1日より、AMED-CREST研究開発領域「マルチセンシングネットワークの統合的理解と制御機構の解明による革新的医療技術開発」(マルチセンシング研究開発領域)において、古川教授が研究開発代表を務める「網膜神経回路機能に着目した脳-感覚ネットワークの統合的理解に基づく発達障害の治療戦略の構築」のプロジェクトが開始されました。
  • 2021年9月

    茶屋太郎准教授の論文"Deficiency of the neurodevelopmental disorder-associated gene Cyfip2 alters the retinal ganglion cell properties and visual acuity "がHUMAN MOLECULAR GENETICS誌に掲載されました。
    https://academic.oup.com/hmg/advance-article/doi/10.1093/hmg/ddab268/6368510
  • 2021年9月

    大学院生の行天大智さんの論文"Broad locations of antigenic regions for anti-TRPM1 autoantibodies in paraneoplastic retinopathy with retinal ON bipolar cell dysfunction"が11月発行のExperimental Eye Research誌に掲載されました。
    https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0014483521003365?via%3Dihub
  • 2021年4月

    大学院生の前田和さんが大阪大学女子大学院生優秀研究賞を受賞しました。
    http://www.protein.osaka-u.ac.jp/award/jyusyo20210412/
  • 2021年2月

    元大学院生(博士後期課程卒業)の久保竣さんの論文"Functional analysis of Samd11, a retinal photoreceptor PRC1 component, in establishing rod photoreceptor identity"が2月18日発行のScientific Reports誌に掲載されました。
    https://www.nature.com/articles/s41598-021-83781-1
  • 2021年1月

    Hung-Ya Tu助教が着任しました。
  • 2020年12月

    医学部生の時に当研究室で研究していた杉山剛文君(現研修医)の論文"The potential role of Arhgef33 RhoGEF in foveal development in the zebra finch retina"が12月8日発行のScientific Reports誌に掲載されました。
    https://www.nature.com/articles/s41598-020-78452-6
  • 2020年12月

    杉田祐子特任助教と大学院生の山本悠さんの論文"Influence of Aging on the Retina and Visual Motion Processing for Optokinetic Responses in Mice"が12月1日発行のFrontiers in Neuroscience誌に掲載されました。
    https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fnins.2020.586013/full
  • 2020年9月

    大学院生の前田和さんが第93回日本生化学大会の若手優秀賞を受賞しました。
  • 2020年7月

    准教授の茶屋太郎さんが日本生化学会の奨励賞を受賞しました。
  • 2020年4月

    大学院生の堤崚太郎さんが日本学術振興会特別研究員(DC2)に採用されました。
  • 2020年3月

    大学院生の今鉄男さんの論文"Origin and evolution of the Rax homeobox gene by comprehensive evolutionary analysis"が3月6日発行のFEBS open bio誌に掲載されました。
    https://febs.onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1002/2211-5463.12832
  • 2020年2月

    杉田祐子助教の論文"Retinal ON and OFF pathways contribute to initial optokinetic responses with different temporal characteristics"が2月6日発行のEuropean Journal of Neuroscience誌に掲載されました。
    https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/ejn.14697?af=R
  • 2020年1月

    大学院生の山本悠さんの論文"Functional and Evolutionary Diversification of Otx2 and Crx in Vertebrate Retinal Photoreceptor and Bipolar Cell Development"が1月21日発行のCell Reports誌に掲載されました。
    https://www.cell.com/cell-reports/fulltext/S2211-1247(19)31729-2

過去のお知らせ一覧